一般住宅施工例

町田市 N様 外壁塗装 一般住宅

町田市 N様 外壁塗装 一般住宅
外壁施工前 外壁施工後
今回のお客様は、関西ペイント㈱ セラМシリコン弾性仕様 塗料を使用しました。
こちらの塗料は弊社でオススメしており、とても良い塗料です⭐
特性は、優れた低汚染性や耐候性、防カビ・防藻性です。従来の塗料は雨水が汚れの上を通過し、汚れが残っていましたが、セラМシリコン塗料は、雨水が汚れの下を通過し、汚れを浮かします。
現状のピンクを残し可愛らしくなりました!アクセントで破風を緑色にし、引き締まった感じになりました!
また、今回のお客様宅では、通常の硬化剤ではなく、収縮性・柔軟性に優れている弾性硬化剤を使用致しました!
高圧洗浄
外壁だけではなく、しっかり細かいところまで洗浄していきます。
洗浄を行わずに塗料を塗ってしまうと、塗膜から剥がれてしまいますので、しっかり洗い流し塗装をしていきます。
ケレン
塗膜の浮きや汚れ等をケレンで削ります。
クラック
ヒビ割れがあり、Vカットで削りシーラーを塗布しシーリングを塗りました。
ひび割れをそのままにして置くと、雨漏りや欠けてきてしまいます。
塀補修工事①
前回建設業者さんが外部では使用できない圧縮系のボードを使っていた為塗膜表面のクラックから水が浸入し壁が腐っておりました。その為塗装で仕上げるのは、不可能でしたので、弊社にて修繕工事させて頂きました。
塀補修工事②
壁の腐食部分を撤去し、ラスカットボードを張り、モルタルを塗装し仕上げました。塗装仕上げ方法は砂骨ローラーで模様を付けて、アレスシルクウォールで仕上げました。
写真の7.8.10番のお写真が、軽量鉄骨に水が溜まってしまい、水を抜いているお写真です。
外壁施工手順
下塗り・肌合わせ
肌合わせとは、既存の外壁が、模様があるのと無いのとで、バラツキが起きないよう、近くまで合わせる事です。例えば、凹凸上の外壁とモルタルのツルツルとした外壁に同じ塗料を塗っても、見た目が変わってきちゃうので、下地合わせはとても重要な事になります。
外壁施工手順
中塗り・上塗りの順番で施工していきました。
軒天・破風
外壁がサーモンピンク系のお色でしたので、軒天井は白にし破風は緑でメリハリが付きとても可愛らしく仕上がりました‼
お客様 町田市 N様邸
工事内容 外壁塗装、塀補修工事
㎡数(概算) 184㎡
使用塗料 外壁塗装 関西ペイント㈱ セラМシリコン塗料
施工価格 105万
保証期間 外壁 12年

施工ポイント

今回のお客様は、現状のピンク系のお色にし破風を緑色にしたいとの事でした!ポイントで緑色を入れ、とても可愛らしく印象に残る外観に変わりました⭐
塀も外壁のお色に合わせ、優しいオレンジ色にしました!

上記の施工写真の所でもお書きしましたが、塀が傷んでおり、弊社にて修繕工事をさせて頂きました!
前回の業者さんが外部では使用できない圧縮系のボードを使用し、軽量鉄骨に雨水が入り外壁が腐っていました…💦
その為塗装で仕上げるのは不可能でしたので、腐食部分を撤去し、ラスカットボードを張りモルタルで仕上げ塗装しました!
塗装仕上げ材は、アレスシルクウォールを使用しました。

弊社は塗装業を営んでおりますが、お客様宅の外壁等の状態に対応し修繕工事を行っております。工事種目により弊社取引が長く腕も良い、大工・屋根業者・内装業者に依頼しますので、安心して頂けると思います!

今回は弊社で工事をさせて頂き誠に有難う御座いました。

 

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top